味の素グループのさまざまな企業活動をお伝えするニュースサイトです

2016年11月07日

「2050年の食」ってなんだろう?


10月19日~22日、文部科学省主催による「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」が開催されました。
  
これは、国内外スポーツ担当大臣や国際的な振興団体、グローバル企業のトップ、世界経済フォーラムの次世代ビジネスリーダー、著名研究者などが参加する国際会議。
  
2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会など今後日本で行われる国際スポーツ大会を、観光とも連動させ、スポーツ・文化・ビジネスによる国際貢献や有形・無形のレガシー等について議論し、情報発信することで、機運を高めるためのキックオフイベントです。
  
味の素(株)は、その中で、「2050年の食を考える」をテーマに、
  
・西井孝明(味の素(株)代表取締役社長)
・ジョン・クレブス卿(オックスフォード大学シーザスカレッジ前学長)
・武見ゆかり氏(日本栄養改善学会理事長)
・道傳愛子氏(NHKチーフプロデュサー)
  
の4人の登壇者によるトークセッションに参加しました。
  
会場の聴衆の方々との質疑応答、議論も含め栄養と健康、食資源、地球環境、産業界の役割、教育、お弁当文化、アミノ酸の役割などなど幅広い視点から食の現状と未来に関し意見交換とメッセージの発信を行いました。
  
情報はオフィシャルTwitterアカウントにて発信されています : http://ajinomoto.eng.mg/73412
  

コメントを投稿する



■ご質問は、コメント欄ではなく「お問い合わせ」へお願いいたします。

■コメント・トラックバックについては公開しない場合があります。くわしくはこちらをご覧下さい。

この記事のトラックバック

URL: https://news.ajinomoto.co.jp/blogcgi/ajinomoto-mt-tb.cgi/20059


文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

RSS

最新の記事