味の素グループのさまざまな企業活動をお伝えするニュースサイトです

2009年04月20日

「財団法人 味の素食の文化センター」が二十歳になりました

味の素KKは1979年の創業70周年の記念事業として食文化事業を開始しました。
味の素KKは、これを公益的次元に発展させるため、創業80周年(1989年)4月に
公益法人化をすすめ、「財団法人 味の素食の文化センター」を設立させました。
味の素KKが創業100周年を迎える今年は、財団にとっても設立20周年。
ようやく二十歳になりました。
これを祝した記念式典が4月17日、東京會舘(東京都千代田区)で執り行われました。

財団の事業の二本柱は、「食文化研究支援」と「食文化の普及」。
前者では学術討論会「食の文化フォーラム」(非公開)を実施し、年に1冊、開催記録本
も出版されています。2008年度に討論を行った「"食"−その伝統と未来−」をテーマと
したシンポジウムも、今秋予定しているそうです。
後者では、食文化誌「vesta」の発行や、食文化の専門図書館「食の文化ライブラリー」、
「食文化展示室」を一般に公開し、食文化に興味がある方をサポートしています。
もとは味の素KKの本社にあった財団も、2004年の秋に高輪台(東京都港区)の
「味の素グループ高輪研修センター」内に移転し、広いスペースで食文化の書籍や雑誌
を閲覧いただくことが可能になりました。
今年は20周年記念事業も続々と計画されているようです。
詳細は以下をご覧下さい。

食の文化センターはこちら(PCサイト)↓
http://www.syokubunka.or.jp/

 写真1:記念講演の様子
                 写真1:記念講演の様子
     財団とかかわりが深い研究者が多数お集まり下さいました。
       演題:「今、歴史に学ぶ 種子札の発見と古代の稲作」/
       講師:平川 南氏(国立歴史民俗博物館館長)。

写真2:味の素グループ高輪研修センターの外観写真2:味の素グループ高輪研修センター外観
食の文化ライブラリーはこの建物の中にあります。
エントランスが長いのでちょっと入りづらいかも
しれませんが、気にせずに中までどうぞ。







コメントを投稿する



■ご質問は、コメント欄ではなく「お問い合わせ」へお願いいたします。

■コメント・トラックバックについては公開しない場合があります。くわしくはこちらをご覧下さい。

この記事のトラックバック

URL: https://news.ajinomoto.co.jp/blogcgi/ajinomoto-mt-tb.cgi/15082


文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

RSS

最新の記事