味の素グループのさまざまな企業活動をお伝えするニュースサイトです

2015年01月29日

少量の採血でがんであるリスクを評価「アミノインデックス®」

血液中のアミノ酸濃度を測定することで、健康状態や病気の可能性を明らかにする技術、それが味の素(株)が開発した「アミノインデックス技術」です。当社の永年のアミノ酸研究から生み出されました。

aminoindex201501.jpg

ヒトの身体をつくるたんぱく質は数十種類のアミノ酸からできています。血液中にもアミノ酸は含まれていてその濃度は一定に保たれています。しかし、病気になるとその濃度が変わってくることが分かっています。

当社は2011年よりアミノインデックス技術を用い、がんリスク検査の解析サービスを開始しました。胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性)、乳がん(女性)、子宮・卵巣がん(女性)を対象としたリスクが一度の採血で評価できる検査です※。現在全国で約900件の医療機関でこの検査が導入されています。
※子宮がんと卵巣がんのリスクを区別することはできません。
アミノインデックス® について詳しくはこちら:http://www.ajinomoto.co.jp/products/aminoindex.html

コメントを投稿する



■ご質問は、コメント欄ではなく「お問い合わせ」へお願いいたします。

■コメント・トラックバックについては公開しない場合があります。くわしくはこちらをご覧下さい。

この記事のトラックバック

URL: https://news.ajinomoto.co.jp/blogcgi/ajinomoto-mt-tb.cgi/19909


文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

RSS

最新の記事