味の素グループのさまざまな企業活動をお伝えするニュースサイトです

2014年09月05日

味の素(株)川崎工場 設立100周年!

おなじみの「味の素®」「ほんだし®」「Cook Do®」などが製造されている味の素(株)川崎工場は今年で設立100周年を迎えました。
世界で初めて「味の素®」が発売されたのは1909年。当時は神奈川県逗子の工場で製造されていました。販売量が増えるにつれ、手狭になり、1914年に現在の川崎に新しい工場が建設されました。戦後、日本の産業を支える大工業地帯となった川崎ですが、当時は数社程度の工場しかなかったとのことです。1937年に味の素(株)創業者の名前をとり、現在の地名である「川崎市川崎区鈴木町」になりました。
現在の味の素(株)川崎工場がある敷地は東京ドーム8個分の広さの中に工場や研究所を擁する重要な拠点となり、約3000名の社員が働いています。
川崎工場はこれからも皆様に喜んで頂ける商品をお届けしていきます。

現在の川崎工場のある敷地の航空写真
birdeyes_kawasakifactory.jpg

1920年代の川崎工場の鳥瞰図
old_kawasakifactory.jpg

コメントを投稿する



■ご質問は、コメント欄ではなく「お問い合わせ」へお願いいたします。

■コメント・トラックバックについては公開しない場合があります。くわしくはこちらをご覧下さい。

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

RSS

最新の記事