味の素グループのさまざまな企業活動をお伝えするニュースサイトです

2014年06月23日

2度役に立つ!アミノ酸生産後の副生物で地元農業を活性化

アスパラ、サツマイモ、玉ねぎ、ピーマン・・・当社は皆様に野菜を美味しく召し上がって頂くために調味料などの商品を提供しています。一方で、農家さんがおいしい野菜を作るためにも当社は貢献しています。

佐賀市にある当社九州事業所では澱粉を発酵し、アミノ酸などの生産を行っています。九州事業所で製造されたアミノ酸は「味の素®」「ハイミー®」「パルスイート®」などの商品の原料の一部として使われています。

アミノ酸などの生産を終えたのちに残る発酵副生物は佐賀市と当社の共同研究により、堆肥として有効活用され、地元佐賀の美味しい野菜作りのために活かされています。
調味料や甘味料商品を全国の皆様の食卓にお届けすると同時に、当社九州事業所は地元佐賀市の美味しい野菜作りを応援し、佐賀の農業の活性化に貢献して行きます。

saga_sus_vegetable.jpg(右上)味の素(株)九州事業所・正門                                       
(左上)九州事業所でこれらの商品の原料の一部が製造されています。
(右下)(左下)地元佐賀で作られた野菜                                    


詳しくはこちら:
プレスリリース「佐賀市と連携しバイオマスで農業を活性化」第4回味の素グループサステナビリティフォーラムを開催↓
http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2014_06_11.html

※アミノ酸:ヒトや動物の体を構成する「たんぱく質」の成分で、ヒトや動物にとって必要不可欠な栄養素です。
当社で製造されたアミノ酸は食品、医薬品の原料、化粧品などの原料として使われています。

コメントを投稿する



■ご質問は、コメント欄ではなく「お問い合わせ」へお願いいたします。

■コメント・トラックバックについては公開しない場合があります。くわしくはこちらをご覧下さい。

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

RSS

最新の記事