味の素グループのさまざまな企業活動をお伝えするニュースサイトです

2014年06月17日

うま味調味料「味の素®」が発売されてから105年

アジパンダ®でおなじみのうま味調味料「味の素®」が1909年に発売されてから今年で105年になります。

6月17日は味の素株式会社の前身である株式会社鈴木商店が設立された日で、現在は当社の創立記念日となっています。
初めての「味の素®」は14gの小瓶で40銭(現在の1600円程度)、かなりの高級品でした。初めて世の中に売り出された調味料、当初は何に使う商品なのか、なかなか分かってもらえませんでした。 「簡単に料理をおいしく出来る調味料」であることを広く知らしめるためにチンドン屋や乗合馬車(後の市街電車)の中吊り広告、イルミネーションなど、様々な宣伝広告を行っていました。

ajinomoto1909.jpg

現在、商品「味の素®」は世界100か国以上で販売されています。「味の素®」だけにとどまらず、日本をはじめ、各国のお客様の嗜好にあわせて様々な商品を展開しています。調味料や食品にとどまらず、バイオ・ファイン、医薬など様々な領域へ事業を展開しています。
「美味しく食べて、健康でありたい」という世界中の人々の普遍的な願いに、味の素株式会社はお応えして行きます。

ajinomoto_bottle.jpg

コメントを投稿する



■ご質問は、コメント欄ではなく「お問い合わせ」へお願いいたします。

■コメント・トラックバックについては公開しない場合があります。くわしくはこちらをご覧下さい。

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

RSS

最新の記事